banner

規格

パンフレット作成の規格を知れば使いやすい

パンフレット作成で意識しておきたいのが規格です。規格とは、共通する大きさや仕様などですが、これをそのまま保たせたものばかりではなく、中には少しおもしろい形をしているものもあります。

パンフレット作成の一般的な規格としては、A4の8ページです。
そのうち一番前のページは表紙であり、一番後ろのページは裏表紙です。表紙はタイトルやどんなものなのか、ということを伝えることができます。一方裏表紙は比較的シンプルなものもありますし、お店の紹介なら店名や住所・電話番号などを書いたり、地図を入れることもできます。
次に綴じ方ですが、基本的には中面とじと言われるやり方が主流です。これは紙を2つに折り曲げたその折り曲げ線でとめるというもので、ホチキスで止める場合もあれば製本してのりや糸などで閉じることもあります。どの印刷方法もありますが、経費を安くしたければ、中面とじのホチキス止めが一番多いでしょう。
とはいえ、パンフレット作成については他の判型も使うことができます。
判型とは、いわゆるA4やB5などの紙の大きさのことで、一般的な大きさとして有名なのはA4です。小さいものから大きなものまで沢山の種類がありますが、一部の大きすぎるものはパンフレット作成というよりはポスター等に使われるサイズなので、そこまで大きすぎるサイズは好ましくありません。また、最近のパンフレット作成には文庫サイズや新書サイズなどというような大きさのものもありますが、小さすぎるものは特殊印刷として取り扱われることもあります。
また、閉じ方も様々で、ジャバラ折りと言われる閉じ方だと少し費用がかかる場合もあります。ジャバラ折りとは、一枚の紙にいろいろなことを印刷し、それを左右交互に折り曲げるという形です。商品説明や紹介、取り扱いの時によく見かけます。
最近はポケットホルダタイプというのもあります。これはある程度厚めの紙でポケットホルダーを作って、その中に印刷して綴じていない紙を入れており、いろいろな書類を入れる事ができるのです。ペラ紙を入れることで、いろんな情報を伝えることができるのです。とはいえ、規格外になることもありますから、それぞれの印刷所によっても対応できるかどうかがちがいます。

ちなみに、パンフレット作成については規格外のものに対応できる場合もあります。
意外と簡単に作れる物も多いので、印刷所やデザイナーにも聞いてみるのがいいでしょう。”

Copyright(c) 2016 パンフレット作成における仕様について All Rights Reserved.