banner

仕様について

パンフレット作成における仕様について

製品を紹介するパンフレットと言うのは、製品の魅力を如何に顧客に伝えるかが利益に繋がるかどうかが決まる部分でもあり、製品の特長、概要、そして仕様と言った3つコンテンツを充実させることがポイントとなります。
また、会社案内などのパンフレット作成においても、会社の事を顧客に対して知って貰う事、会社との取引を行う事で、どういったメリットが在るのかをパンフレットを利用して知って貰うための工夫を取り入れることが大切で、会社案内などのパンフレットは、製品紹介用のパンフレットとは異なり、スペックとしての仕様ではなく、読み手に理解し易い仕様に作り上げることが必要となります。
例えば、A4仕上がりのパンフレットの場合、A4サイズのページを開いていくだけではなく、途中に観音開きのページを入れると言った仕様にしていくことで、ページの有効紙面はA4サイズの倍の量となるため、より多くの情報を1つのページの中に入れる事が出来るようになります。

観音開きと言うのは、ページを開いた時に両側に折りページが在り、その折りページを開くと両側にA3サイズのページが現れるというもので、通常A4幅のページの倍の情報量となるため、表面と裏面とでは4倍の情報を入れることが出来ると言ったメリットが在ります。
このように、パンフレット作成を行う場合、必要に応じて観音開きのページを設けてあげたり、見開きページの中にポケットを設けてあげるなどの工夫を行う事で、パンフレットを見る人を惹きつける効果を期待することが出来ます。
パンフレット作成は見る人に解りやすい内容にすることが大切なのですが、イラストなどを掲載することで解りやすいパンフレット作成を行う事が出来ます。
しかし、ページ幅がA4サイズ幅の場合、イラストを縮小して掲載しなければならなくなることも在ります。

イラストを大きく掲載して解りやすいパンフレット作成を行う時などは、観音開きや見開きページを利用し、イラストを縮小することなく原寸大で掲載してあげることで、パンフレットを見る人に対し優しいパンフレット作成が出来ますし、大きく掲載されているイラストと言うのは魅力を伝えるのに画期的な方法とも言えます。
また、見開きページにポケットを付けておくことで、製品の仕様が変更になったときなど、ペラ物印刷物を挿入し、どこがどのように変更になったのかを顧客に対して伝える事が出来る印刷物を挿入する事が出来ると言ったメリットも在ります。”

Copyright(c) 2016 パンフレット作成における仕様について All Rights Reserved.